弁護士費用特約というのは、任意の自動車保険の本契約に付帯することができる特約の一種です。
自動車保険に加入していれば、万が一自動車事故があった際にも、保険会社のほうで相手との示談交渉を行ってもらうことができますが、これは通常では双方に過失があって、その過失割合を調整するためのものとなります。
乗っていた自動車の後方から相手の自動車に衝突されるもらい事故のように、相手のほうの過失が100パーセントといった事故であれば、そもそも示談などは必要ないため、基本的に保険会社では相手との交渉を行いません。
ただし、損害賠償はお金がからむ問題であるだけに、相手がなかなか支払いに応じなかったり、相手の提示した損害賠償額に納得がいかないなどのケースも散見されるところです。
こうしたケースでは保険会社にかわって弁護士に登場してもらい、相手との交渉を行ってもらうのが最善手ですが、弁護士に依頼すると報酬などの費用がかなりの高額になってしまいます。
そこで特約を使用すれば、弁護士との事前の法律相談の費用をはじめとして、直接的な弁護士報酬、訴訟や和解などのために必要となった各種の手数料、文書料なども自動車保険の保険金として下りますので、交渉が格段にしやすくなります。