代車費用特約というのは、自動車保険の車両保険に付帯するオプションとしての契約の一種です。車両保険で保険金の支払いが出るような事故に関連して、修理のために自動車整備工場などに一時的に入庫している期間、その代車を使用するために必要となる費用を補償してもらえるという内容になっています。
この特約は、あくまでも車両保険とセットになっているものですので、例えばオイル交換やごく小さな車体のキズの補修など、保険金が実際に下りないようなケースで代車を使ったとしても、補償の対象とはなりませんので注意が必要です。
また、保険契約中の車両の修理とはいっても、あらかじめ免責金額として5万円ないし10万円程度の軽微な修理については、保険金の支払い対象とはせず、すべて契約者の自己負担というかたちで契約を結んでいる場合もあります。こうした免責金額の定めによって、本来であれば下りたはずの保険金が下りなかったというケースであっても、同様にこの特約の対象外となります。
この特約にはレンタカーなどの経費の実額を補償するタイプ、1日あたりの定額で補償するタイプの両方がありますが、現在ではあえてこうした特約を結ばなくても、自動車保険の標準的なロードサービスのなかに代車の費用を無償とするような内容が含まれていることもあります。