オートバイも自動車保険同様に、強制保険(自賠責保険)と任意保険があります。
自動車保険は、ネットの普及で保証の手厚い格安な任意保険が多くなっていますが、それに比べオートバイの任意保険は高い印象があります。
660ccの軽自動車の年間保険料が3万円なら、250ccのオートバイなら3分の1の1万円でいいような気がしますが、実際はそうではありません。自動車なら軽自動車でもシートベルトやエアーバックが付いていますが、オートバイでは身を守るものといえばヘルメット、プロテクターぐらいしかなく、実際はヘルメットのみの方がほとんどです。
自動車より、危険なオートバイに同額程度の保険料では、保険会社は破産してしまします。
高いから自賠責保険しか加入しないでは、十分な保証は受けられません。
そこで、助かるのがファミリーバイク特約です。
この特約の加入条件は、①オートバイが125cc以下であること。②ライダーか同居家族の誰かが任意の自動車保険に加入している、この2つだけです。
つまり、自動車の任意保険の特約として、オートバイ保険に加入するのです。そうすれば年間1万円程度の特約料を自動車の任意保険に加算するだけで、オートバイの任意保険とほぼ変わらない保証が受けられます。
ただし、この特約では搭乗者傷害を保証しない保険屋が多く、保証される場合はその分特約料が高くなります。
また、オートバイの任意保険も等級制度があり、事故が無ければ保険料は安くなっていきますが、特約の場合は事故が無くても保険料は安くなりません。長期間、オートバイを乗る予定でしたら、等級制度のある任意保険に加入するほうが費用的に得になります。