任意加入として利用できる自動車保険の場合では、現在ではいわゆるネット通販型と呼ばれているものが注目されており、サービス内容に関しても充実しているものが用意されています。基本的には自賠責保険では対人賠償しか補償されないことになるために、任意加入の自動車保険ではその他の部分について補償されるように加入することが前提とされています。しかし、実際の自動車事故の場合では、数々の状態が想定されることによって、さらに補償内容を充実させることを行う方が大勢います。その中には特約を付けることを行うケースも見られ、特約に関しては各自動車保険会社によって異なる設定が用意されており、事前に確認することが必要とされているものですが、例えば年齢制限に関することを挙げることができます。運転される方の年齢設定を高くすることによって、保険料を安くできることが基本になりますが、子供などが後に運転する機会ができた方の場合では、特約として子供が運転中の事故であっても適応できるように施すことも可能になります。また、保険会社によっては、賠償の範囲を広げている特約を用意しているものもあり、自転車の運転中や、降車中であっても適用される内容を持つタイプも存在しています。