他車運転危険担保特約は、被保険者が個人の場合に自動的にセットされている特約です。レンタカー等、一時的に運転していた自動車で事故が起こった場合に、一時的に運転していた自動車を契約車両とみなして、自分の加入している自動車保険を適用するものです。運転していた自動車に保険が付いている場合は、どちらに請求するか選択することが可能です。この特約を適用出来るのは、記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者もしくは配偶者の同居の親族、記名被保険者もしくは配偶者の別居の未婚の子になります。未婚の子は婚姻歴がない人に限定されるため、離婚して独身であっても対象にはなりません。また、他の自動車を運転中の場合に限られるため、他の自動車が駐車中に当て逃げされたような場合は、この特約では支払えません。他の自動車は、あくまでも一時的に運転していることが条件なので、記名被保険者もしくは配偶者、同居の親族が所有していたり常時使用している自動車は対象外になります。具体的には、期限を決めて自動車を借りていれば良いのですが、期限を定めずに、ずっと借りっ放しの場合は、支払対象外になります。実態がどうだったかがポイントになるため、特約が適用されるか否かは、保険会社によく確認が必要です。