人身傷害補償特約というのは、保険契約をしている自動車に搭乗中の人が、事故によって死亡、後遺障害、またはケガを負った場合について、保険金額の範囲内での保険金が支払われるという、自動車保険の補償メニューの一種です。
自動車の主な運転者として保険証券に登録されている記名被保険者やその配偶者、家族などの一定の範囲の人であれば、契約自動車以外の自動車に搭乗中の事故や、歩行中の事故、自転車に乗っているときの事故についても補償が行われます。
ただし、契約自動車に搭乗中の事故、それも自動車から降車していない場合のみに補償の範囲を限定することによって、保険料をより安くしたタイプのものも存在しています。
また、この特約は事故における過失割合に保険金の金額が左右されないという特徴があるため、相手との示談交渉で過失割合が決まるのを待たずに、スピーディーに保険金の支払いを受けることができます。
補償の内容に関してですが、ケガの場合については、治療費、休業損害などが、後遺障害があった場合については、逸失利益や将来の介護費用などが、死亡した場合については、葬儀費用や逸失利益などが、それぞれ保険金の内訳として支払われることとなります。